教員用サーバーに不正アクセスして成績を改ざんしたとして書類送検された新潟県長岡市の中学3年の男子生徒(15)が通う中学校の校長が19日、会見し、生徒から聴取した内容として、不正アクセスに使ったIDとパスワードは教員から借りたパソコンから入手したと明らかにした。

 学校によると、生徒は今年6月、給食の時間に発表するスライドショーの準備のため、教員用パソコンを借りた際、教員が目を離した隙にアプリを使ってIDなどを入手。サーバーにアクセスできる学校のタブレット端末を自分の端末から遠隔操作できるようにも設定した。