日本の南を進む低気圧の影響で、関東甲信では大学入試センター試験初日の18日昼前にかけて雪や雨が降り、山梨県を中心に大雪となる見込み。関東の平野部でも積雪する恐れがあり、気象庁は交通障害や路面の凍結に注意を呼び掛けた。

 気象庁によると、低気圧が18日にかけて伊豆諸島付近を通り、発達しながら日本の東に進む。また、関東甲信の上空約1500メートルには氷点下6度ほどの寒気が流れ込む。

 18日午後6時までの24時間予想降雪量は、多い地域で甲信20センチ、関東の山沿いで10センチ、関東の平野部で5センチ。