昨年10月、公選法違反に関する疑惑で相次いで閣僚を辞任した自民党の河井克行衆院議員、菅原一秀衆院議員らが通常国会召集日の20日、国会内で報道陣の取材に応じ、神妙な面持ちで釈明した。ただ両氏とも「捜査への支障」などを理由に疑惑に関する説明を避け、議員辞職も否定した。

 同日午前、報道陣の前に現れた河井氏。自身と妻の案里参院議員が公選法違反容疑で捜査されていることについて「結果的に政治不信を招いたことを深くおわびする」と改めて謝罪した。

 菅原氏も20日午前、有権者に秘書が香典を渡したとされる疑惑について「皆さまにご迷惑を掛けたことをおわびする」と頭を下げた。