広島や長崎で被爆した女性らが、原爆症と認めなかった国の処分を取り消すよう求めた3件の訴訟の上告審弁論が21日、最高裁第3小法廷(宇賀克也裁判長)で開かれた。原告の女性らが「私たち被爆者が生きている間に認定問題を解決してほしい」と訴えて結審した。判決は2月25日。

 原爆症の認定要件の一つである「医療の必要性」に関して3件の二審判決の解釈が割れており、最高裁が統一判断を示すとみられる。

 弁論には広島で被爆して白内障を患う広島市の内藤淑子さん(75)と、長崎で被爆して慢性甲状腺炎を患う名古屋市の高井ツタヱさん(83)の原告2人が出廷した。