新潟市北区で首に絞められた痕がある男性が死亡していた住宅火災で、新潟県警は5日、男性の死因は首を絞められたことによる窒息死だったと明らかにした。県警は殺人事件として新潟北署に捜査本部を設置。煙を吸った形跡がないことから、何者かが殺害後に火を付けて逃走したとみて、行方を追っている。

 捜査本部によると、亡くなったのは住人の運転代行業本間則光さん(49)と判明。司法解剖の結果、死亡推定時刻は4日未明から朝にかけてで、気道にすすは入っておらず、火事が起きた際にはすでに死亡していたとみられる。遺体が見つかった1階居間付近が激しく燃えており、火元とみて調べる。