1日の日本列島は広く高気圧に覆われて東日本や西日本を中心に各地で気温が上昇した。今年の最高気温となった観測点も多く、宮崎県西米良村で29.9度を観測。東京都心部や大阪市の中心部も今年初めて25度以上の夏日となった。

 気象庁によると、大分県豊後大野市で29.7度、高知県四万十市で29.0度、山口県岩国市で28.5度、熊本県あさぎり町で28.4度、愛媛県西条市で28.2度、岡山県高梁市や福岡県太宰府市で28.1度を観測した。

 2日も暑い地域が多く、最高気温は甲府市と長野市で31度と予想されている。