NPO法人ハンセン病療養所世界遺産登録推進協議会(岡山県瀬戸内市)は20日までに、新型コロナウイルス感染症の患者や関係者に対する差別はあってはならないと呼び掛けるメッセージをホームページに掲載した。

 メッセージは「症状や原因が異なる新型コロナウイルスとハンセン病を単純に比較することはできないが、誤った知識や見解による過度な反応はうわさや偏見を生み、差別につながる」と指摘した。

 同協議会は「差別を繰り返してはならないという入所者の思いから掲載に至った。恐怖心を(周囲に)散らすような言動ではなく、感染症への正しい理解を心掛けてほしい」としている。