東京都小金井市の「武蔵野中央病院」は28日、入院患者や職員の計9人が新型コロナウイルスに感染したと明らかにした。政府が25日に緊急事態宣言を全面解除した後、都内で初めてクラスター(感染者集団)が発生した可能性があり、都は厚生労働省のクラスター対策班に調査を要請した。

 病院によると、21日に精神科の閉鎖病棟を担当する職員1人の感染が判明。その後、濃厚接触者らの検査を進め、同じ病棟の入院患者5人や看護師と職員4人の陽性が確認された。他にも発熱の症状を訴えている入院患者がいるという。