梅雨前線の停滞で15日は九州南部で大雨となり、鹿児島県霧島市では半日の雨量が150ミリを超えた。九州南部や奄美は引き続き16日も前線の影響を受ける見通し。一方、沖縄や九州北部から東北は緩やかに高気圧に覆われて気温が上昇。栃木県佐野市や静岡市駿河区で35.8度を観測し猛暑日となった。

 気象庁によると、15日は宮崎県日南市で1時間に52ミリの非常に激しい雨が降ったほか、鹿児島県志布志市でも39.0ミリの激しい雨を観測した。

 最高気温は他に茨城県古河市や群馬県館林市、埼玉県熊谷市、甲府市で34度に達した。東京都心部も32.6度で、今年一番の暑さになった。