改正道交法が30日施行され、あおり運転の厳罰化が全国でスタートした。各都道府県警はパトカーのほかヘリコプターも投入し地上と上空の両面から警戒するなど、取り締まりを強化している。ドライバーは交通マナー改善を期待する一方、どのように運用されるのか懸念する声も上がった。

 17年に東名高速であおり運転による夫婦死亡事故が起きた神奈川県では、県警交通機動隊のパトカーや白バイが首都高湾岸線大黒PAに集まり、交通指導や取り締まりの出発式を実施した。

 19年にあおり運転殴打事件があった茨城県でも、県警が常磐自動車道水戸インターチェンジで出発式を開き、取り締まりを進めた。