気象庁は23日、西日本や東北で同日夜、東日本で24日にかけ、局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降る見込みだとして、雷や竜巻などの激しい突風、土砂災害に注意を呼び掛けた。1時間に30ミリ以上の激しい雨を観測した地点もあった。

 気象庁によると、西日本から東北の上空約6千メートルに、氷点下6度以下の寒気が流れ込んでいる。上空の寒気や気温の上昇により、24日にかけて大気の非常に不安定な状態が続く。

 茨城県つくば市では23日午前、1時間の降水量が43.0ミリを観測。島根県出雲市、三重県志摩市、千葉県君津市、広島県北広島町などでも、30ミリ以上の激しい雨が降った。