昨年7月の参院選広島選挙区を巡り、前法相の衆院議員河井克行被告(57)と妻の参院議員案里被告(46)が公選法違反(買収、事前運動)の罪に問われた事件で、広島市の自営業藤岡圭二さん(77)が28日、市内で記者会見を開き、同法違反(被買収)の疑いで広島県議ら地元政治家39人に対する告発状を検察側に提出すると明らかにした。

 東京地裁で25日に開かれた夫妻の初公判では、検察側が冒頭陳述で現金を受領したとされる100人の実名を読み上げた。うち地元政治家は40人で、今回の告発対象からは親族を介して受け取ったとされる1人を除外する。