29日午前8時30分ごろ、千葉県旭市後草の国道126号で「高速バスの後部から出火した」と運転手から119番があった。運転手1人と乗客4人は避難し、けがはなかった。

 旭署によると、火災が起きたのは東京発銚子行きの「京成バス」。乗客が異臭に気付き、運転手が確認すると、煙が上がっていた。火は約30分後に消し止められたが、バスはほぼ全焼した。

 署は詳しい出火原因を調べている。