国土交通省は5日、台風10号により、熊本県の球磨川や鹿児島県の肝属川、宮崎県の小丸川など6河川の支流も含めた流域で、氾濫の危険性が高まる恐れがあると明らかにした。