群馬県警は23日、最大積載量13トンの大型トラックで軽貨物車に幅寄せをするなどしたとして、道交法違反(あおり運転・著しい危険)の疑いで、同県安中市に住む男性会社員(66)を書類送検した。県警に対し「前に割り込まれたと思い、腹が立った」と供述している。

 書類送検容疑は、7月15日午後3時15分ごろ、同市の国道18号で、大型トラックで前を走る車の通行を妨害する目的で、並進し幅寄せをするなどした疑い。

 県警によると、現場は片側1車線で、センターラインをはみ出し、クラクションを複数回鳴らす行為もあり、あおるような運転は約1キロにわたって続いた。