性的少数者への性暴力被害を支援する「ブロークン・レインボー・ジャパン」(青森市)が23日、東京都内で集会を開き、法務省で議論されている改正刑法の性犯罪規定について「性的少数者の被害を軽視せず、実情を反映した法制度と支援を」と訴えた。

 団体の宇佐美翔子代表らは、性的少数者の被害の実態を踏まえ、これまで強制性交罪に含まれていなかった性暴力も罪に問えるよう求める要望書を法務省の担当者に渡した。

 集会では、参加者が被害を訴えた。性別適合手術を受けたトランスジェンダーの男性は性被害を警察に訴えたが、被害届は受理されなかった。「死んだ方がましと思った」と語った。