JR東日本は6日、東北新幹線盛岡―新青森間の最高時速を現行の260キロから320キロに引き上げるため、今月から騒音対策工事に着手すると発表した。工事は約7年間を予定し、所要時間を約5分短縮する効果がある。