総務省消防庁は27日、今年6〜9月の熱中症による救急搬送者数は全国で6万4869人だったとの確定値を発表した。同期間の統計としては、2018、19年に続き過去3番目に多かった。搬送時に死亡が確認されたのは112人。

 都道府県別は東京が5838人で最も多く、大阪4869人、愛知4101人と続いた。死者は愛知16人、埼玉、兵庫各8人など。人口10万人当たりの搬送者数は鹿児島が80.63人で最多だった。

 今年は8月に記録的な猛暑が続き、月間の搬送者数、死者数がともに過去最多を記録。一方、7月は気温の低い日が続き、搬送は08年の調査開始以降2番目に少なかった。