未承認医薬品である洗口液を「新型コロナウイルスの殺菌に有効」と宣伝・販売したなどとして、警視庁生活環境課は20日までに、医薬品医療機器法違反の疑いで、東京都渋谷区松濤、歯科医師天野聖志容疑者(58)ら男女4人を逮捕した。同課によると4人は「違反する内容だったとは思っていない」などと容疑を一部否認している。

 1〜7月に全国の約8500人にインターネットで洗口液や健康食品を通信販売し、計約4400万円を売り上げたとみられる。天野容疑者が商品を監修し、洗口液を「コロナに対する殺菌消毒に有効な可能性が高いと考えられる」と宣伝していたが科学的根拠は不明という