15日午前7時40分ごろ、栃木県佐野市並木町の市道で、乗用車が集団登校中の小学生の列に突っ込み、7歳と8歳の女児が膝を打撲するなど軽いけがをした。

 佐野署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、車を運転していた佐野市の会社員の少年(19)を現行犯逮捕した。同署によると通勤途中だった。調べに対し「小動物が飛び出してきて、ハンドル操作を誤った」と話しているという。

 事故に遭ったのは、現場から約400メートル離れた市立旗川小の児童で、6人が一列になって歩いていた。