2020年度のドメスティックバイオレンス(DV)の相談件数が昨年11月までの総数で13万2355件に上り、過去最多となったことが12日、内閣府の調査で分かった。新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛が影響。19年度を早くも1万3千件上回り、今後膨らむ事態が懸念される。

 全国の配偶者暴力相談支援センターや、内閣府が20年4月から始めた「DV相談プラス」への相談を集計。20年4〜11月は毎月1万5千件を超えた。特に5月と6月が多かった。

 内閣府の担当者は「自宅で過ごす時間が長くなり、ストレスや生活不安を抱えて暴力に至る事例が増えている」と分析している。