2020年に全国の警察が認知した刑法犯は61万4303件で、19年を17.9%(13万4256件)下回り戦後最少を更新したことが4日、警察庁の統計(暫定値)で分かった。ひったくりなど街頭犯罪が大幅に減少しており、新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛が一因とみられる。

 一方、虐待の疑いで警察が児童相談所(児相)に通告した18歳未満の子どもは10万6960人(前年比8.9%増)で、統計のある04年以降初めて10万人を超えた。さらに、DVの相談は8万2641件(0.5%増)、サイバー犯罪の摘発は9911件(4.1%増)でいずれも過去最多となった。