マイナンバー制度はプライバシー情報の扱いを決定する権利を侵害し違憲だとして、大阪府などの住民が国に個人番号の利用差し止めなどを求めた訴訟の判決で、大阪地裁は4日、請求を棄却した。