25日午前10時ごろ、群馬県桐生市黒保根町上田沢で山林が燃えていると近くの住民が119番した。近くに住む男性(79)が両脚などにやけどを負ったが搬送時、意識はあった。消防などによると、火災は広範囲に拡大しているものの、住宅への延焼は確認されていない。県警が住民に注意を呼び掛けている。

 県警によると、同日午前、やけどを負った男性がドラム缶の中で火をたいて枯れ草を燃やしており、下草に火が燃え移り広がったという。出火当時、群馬県内には乾燥注意報が発令されていた。県によると、25日午後4時時点の焼失面積は約30ヘクタール。桐生市は自主避難所1カ所を設置した。