昨年12月の全国高校サッカー選手権に初出場した奈良県立山辺高サッカー部(奈良市・大浦宏明校長)の部員らが今年2月、飲酒と喫煙をした疑いがあることが16日、学校関係者への取材で分かった。同部では昨年12月、部員らの飲酒が発覚したばかり。

 大浦校長は取材に「新しく着任したばかりで、詳細を承知していない」。県教育委員会は同校から報告を受けていたが、「部の問題ではなく個別の生徒指導上の問題」として公表していなかった。

 学校関係者などによると2月11日の夜、部員5人は寮を抜け出して外で飲酒や喫煙。その後、教員に部員らが申し出た。