熊本、大分両県で災害関連死を含め計276人が犠牲になった熊本地震は16日、2度目の激震「本震」の発生から5年を迎えた。「いち早い復興を」と願う被災者。熊本知事は「誰ひとり取り残さない」と誓った。被害の大きかった阿蘇地域や益城町では、遺族や住民らが午前1時25分の発生時刻に祈りをささげた。

 熊本県南阿蘇村の黒川地区では、東海大農学部に通う学生3人がアパートの倒壊で亡くなった。午前0時すぎ、卒業生(26)が在学生8人とアパート跡地で手を合わせた。

 村内にある阿蘇大橋のたもとでは、車ごと土砂崩れに巻き込まれて亡くなった大学生の両親が、飲み物や菓子を供えた。