公園を散歩中、通りかかった中型犬に自分の小型犬をかまれた東京都の夫妻が、適切に制御する義務を怠ったとして、相手の飼い主に計約144万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は14日、請求の一部を認め、治療費や慰謝料など計15万円余りの支払いを命じた。

 判決によると、2018年3月、東京都杉並区の公園で、散歩に訪れた夫妻の犬の尻に、中型犬が突然2、3回かみつき、手術を要するけがを負った。

 内藤和道裁判官は、中型犬の飼い主について「危害を及ぼすことがないよう、犬の動静に注意し、十分な距離を取るか、リードで制御する義務を怠った」と判断した。