厚生労働省は26日、全国の自治体が2020年に受理した妊娠届の件数は87万2227件だったと発表した。前年比4.8%減。コロナ禍での「妊娠控え」が起きたとみられる。