内閣府沖縄総合事務局は28日、2019年の首里城火災に関し、建物や美術工芸品の損害額が約84億4千万円に上ったと明らかにした。保険会社が算定し、契約上限の70億円が支払われた。