日本列島は9日、広い範囲で高気圧に覆われて晴れ間が広がり、各地で気温が上昇した。福岡県久留米市では気温35.6度を観測し、全国で今年初めて最高気温が35度以上の猛暑日となった。

 気象庁によると他に35度を超えたのは、大分県日田市と佐賀市でいずれも35.1度。久留米市は昨年も全国で最も早く猛暑日となり、今年で2年連続となった。

 また、熊本県菊池市、愛媛県大洲市、山口県岩国市などは34度に達した。山梨県甲州市、岐阜県多治見市などでは33度以上を記録し、東日本から西日本を中心に、最高気温が30度以上の真夏日となった観測地点が相次いだ。