大津市の自宅で小学1年の妹(6)を蹴るなどして死なせたとして傷害致死容疑で無職少年(17)が逮捕された事件で、少年と妹、母親は4月から同居を始めていたことが5日、大津・高島子ども家庭相談センター(児童相談所)への取材で分かった。センターは家庭訪問などをしていたが、兄妹間のトラブルなど懸念する状況はなかったとしている。

 7月21日未明に、滋賀県内のコンビニに少年と妹が2人でいるところを不審に思った店が110番し、県警が同日朝にセンターに連絡。センターはこれを受け母親と今月4日に面会する予定だったという。少年の容疑は妹を1日に外傷性ショックで死なせた疑い。