台風12号は24日にかけて日本海で温帯低気圧に変わり、九州北部は引き続き暖かく湿った空気が流れ込む影響で昼前ごろまで非常に激しい雨が降る恐れがある。気象庁は23日、土砂災害や浸水、川の増水に警戒を呼び掛けた。雷や竜巻などの突風にも注意が必要だ。

 気象庁によると、24日夕方までの24時間予想雨量は、いずれも多い所で長崎県内が壱岐・対馬の180ミリのほか150〜120ミリ。佐賀県が100ミリ、福岡県が100〜80ミリ。九州北部で24日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は18メートル(25メートル)、波は4メートル。