ヤフーは19日、ヤフーニュースのコメント欄への書き込みについて、誹謗中傷対策を強化すると発表した。人工知能(AI)などを活用して人を傷つけるコメントを探し出し、投稿を繰り返す利用者に従来より強い表現で警告する。違反コメントが一定数に達すると、その記事のコメント欄全体を表示しなくする機能も新たに導入した。

 違反投稿を繰り返す利用者には「コメントの投稿ができなくなる可能性がある」との警告を出す。これまでは「乱暴な言葉づかいや他の人が傷つく内容がないか考えてみましょう」との表現だった。悪質な違反者を投稿停止にする措置も厳格化する。