東日本大震災の復興事業に絡み、申告せず約8300万円を脱税したとして、所得税法違反罪に問われた鹿島東北支店元幹部(55)の男に、仙台地裁は21日、懲役1年、執行猶予3年、罰金2千万円の判決を言い渡した。