10月に96歳で死去した日本原水爆被害者団体協議会(被団協)代表委員の坪井直さんのお別れ会が22日、広島市の原爆資料館ホールで開かれた。被爆者や教師時代の教え子ら約400人が参列。坪井さんの活動を振り返る映像とともに、核廃絶運動を引っ張ったリーダーの死を悼んだ。

 お別れ会は、坪井さんが理事長を務めた広島県原爆被害者団体協議会が主催。現理事長の箕牧智之さん(79)は「坪井さんは被爆者の心のよりどころだった。二度とあの笑顔に会えないと思うと癒やしがたい寂しさがある」と声を震わせた。

 坪井さんは20歳の時に被爆。戦後は中学教師などとして被爆体験を語り続けた。