お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光さん(56)が、日本大芸術学部に裏口入学したとする週刊新潮の記事で名誉を傷つけられたとして、発行元の新潮社に損害賠償などを求めた訴訟の控訴審判決で、知財高裁は24日、新潮社に440万円の支払いとネット上の記事の削除を命じた一審東京地裁判決を支持し、双方の控訴を棄却した。

 判決によると、新潮社は2018年8月16.23日夏季特大号で「爆笑問題『太田光』を日大に裏口入学させた父親の溺愛」と題した記事を掲載した。

 週刊新潮編集部は上告する考えを示し、太田さんは「私と父の名誉が守られたことに安堵している」とのコメントを出した。