防衛省統合幕僚監部は26日、中国海軍の空母「遼寧」など艦艇計5隻が25日午前0時ごろ、沖縄本島と宮古島の間を北上し、太平洋から東シナ海に入ったのを確認したと発表した。太平洋での訓練が終了し、中国に戻るとみられる。5隻は今月中旬以降、沖縄を通過し、太平洋に入り、19、20日には遼寧から艦載の戦闘機やヘリコプターが発着艦していた。

 遼寧が沖縄本島と宮古島の間を往復するのは今年4月以来。防衛省は、事実上の空母化に向け改修を進めている海上自衛隊のヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」を投入し、監視に当たらせた。