中国人民解放軍が関与したとされるサイバー攻撃事件を巡り、軍関係者の指示で日本製セキュリティーソフトを不正購入しようとしたとして、警視庁公安部は28日までに詐欺未遂容疑で、既に出国している中国籍の元留学生で住所、職業不詳王建彬容疑者(36)の逮捕状を取った。国際刑事警察機構(ICPO)を通じて国際手配する方針。

 逮捕状の容疑は中国軍人の妻の指示で2016年11月、架空の企業名を使うなどして、日本企業に販売が限られていたソフトを東京都内の販売会社から購入しようとした疑い。同社は法人登記が確認できないことなどから拒否した。