静岡県熱海市で7月に発生した大規模土石流の原因や責任の所在を調査している県が、崩落の起点となった土地の現旧所有者から盛り土造成の経緯や工法について聞き取りを行っていたことが28日、関係者への取材で分かった。

 関係者によると、現旧所有者はいずれも「詳細は分からない」と回答した。2011年まで起点の土地を所有した不動産管理会社(神奈川県小田原市)の元幹部は、土砂崩落の危険性を認識していなかったと主張。そもそも熱海市に届け出をした上で造成を始めたとも強調した。

 現所有者は自身が土地を取得して以降は盛り土をしていないと説明した。