北海道は強い冬型の気圧配置となる影響で、日本海側を中心に3日夜にかけて雪や風が強まる恐れがあり、気象庁は2日、猛吹雪や吹きだまりによる交通障害に警戒するよう呼び掛けた。高波にも注意が必要としている。

 同庁によると、前線を伴った低気圧が日本海から発達しながらオホーツク海へ進み、北海道は冬型の気圧配置が強まる見込み。

 3日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、いずれも陸上で日本海側20m(35m)、太平洋側18m(30m)、オホーツク海側12m(25m)。予想される波の高さは日本海側と太平洋側5m、オホーツク海側4m。