2021年の全国の交通事故死者数は前年より203人少ない2636人で、統計がある1948年以降で最も少なかったことが4日、警察庁の集計で分かった。5年連続で最少を更新。最も多かった1970年の1万6765人と比べ6分の1以下となった。

 警察庁によると、2636人のうち65歳以上は1520人。前年より76人減ったが、全体の57.7%を占め過去最高の割合だった。高齢のドライバーや歩行者が絡む事故対策の必要性が改めて示された。

 都道府県別では、神奈川が142人と初めてワーストとなった。大阪140人、東京133人と続き、最少は島根の10人。