東京・晴海の東京パラリンピック選手村で2021年8月、柔道男子81キロ級代表で視覚障害がある北薗新光選手(30)に自動運転バスを接触させて軽傷を負わせたとして、警視庁は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、オペレーターとして搭乗していたトヨタ自動車の男性社員を近く書類送検する方針を固めた。捜査関係者への取材で5日、分かった。

 男性社員は21年8月26日午後2時ごろ、東京都中央区晴海にあった選手村の交差点周辺で、自動運転バスを発進させるなどして、横断歩道を渡ろうとした北薗選手と接触させ、軽いけがをさせた疑いが持たれている。