新聞労連は18日、平和・民主主義の確立や言論の自由に貢献した記事を表彰する第26回新聞労連ジャーナリズム大賞に毎日新聞「特権を問う〜日米地位協定60年」を選んだと発表した。

 優秀賞は沖縄タイムス「『防人』の肖像 自衛隊沖縄移駐50年」と信濃毎日新聞「五色のメビウス ともにはたらき ともにいきる」に決定。特別賞は北日本新聞・宮田求編集委員「神の川 永遠に―イ病勝訴50年」、琉球新報「航空自衛隊那覇基地から流出した泡消火剤に有害物質が含まれていることを突き止めた一連の報道」、北海道新聞「『核のごみ』の最終処分場選定に向けた全国初の調査を巡る報道」が受賞した。