2015年、陸上自衛隊西部方面隊の男性陸士長=当時(22)=が自殺したのは教官のパワハラが原因だとして、両親が教官2人と国に約8100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、熊本地裁(中辻雄一朗裁判長)は19日、国に220万円の支払いを命じた。教官2人への請求は棄却した。

 訴状によると、男性は15年10月1日、当時長崎県佐世保市にあった第5陸曹教育隊に入った。教官2人は男性に「殺してやりたい」と言ったり、胸ぐらをつかむ暴行を加えたりしたとしている。男性は同月7日朝、隊宿舎のトイレで自殺しているのが見つかった。