名古屋出入国在留管理局の施設に収容中だったスリランカ人女性ウィシュマ・サンダマリさん=当時(33)=が亡くなって1年となった6日、遺骨を預かる愛知県愛西市の寺で、日本式とスリランカ式で法要が営まれた。参列者は死亡が確認された午後3時25分に黙とうし、ウィシュマさんをしのんだ。

 死亡の経緯などを知るために来日中の妹ポールニマさん(27)や支援者、名古屋入管に収容経験のある外国人ら約50人が参列。時折雨交じりの強い風の中、鐘をつき、手を合わせた。

 ポールニマさんは「法要を営んでもらい感謝したい。姉も、自分が活動しているのを知ってくれていると思う」と語った。