山梨県警は28日、子どもの頭部とみられる人骨の一部が見つかった道志村の山中の捜索で運動靴の右足側だけを発見、2019年9月に行方不明になった小倉美咲さん(9)が当時履いていた靴とメーカーが一致し、色などの特徴が類似していると明らかにした。県警は美咲さんとの関連を慎重に調べ、事故と事件の両面で捜査する。

 県警によると、見つかった靴のサイズは20センチ。人骨が見つかった現場の周辺から発見された。当時履いていた靴の特徴として公表している「エメラルドグリーン」と類似した色合いだった。県警は家族にも報告しており、今後実物を確認してもらう予定だという。