防衛省統合幕僚監部は2日、中国海軍の空母「遼寧」など艦艇計8隻が同日、沖縄本島と宮古島の間を南下し、太平洋へ入ったのを確認したと発表した。東シナ海では、遼寧の艦載ヘリコプターが発着艦した。遼寧がこの海域を抜けるのは昨年12月以来。同省は動向を厳重に警戒している。

 防衛省によると、1日正午ごろ、長崎県の男女群島の西約350キロを南に移動する遼寧やミサイル駆逐艦など計6隻を確認した。2日にかけて、さらに別の2隻も東シナ海を航行。その後、計8隻は太平洋へ移動した。

 海上自衛隊のヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」や哨戒機などが監視にあたった。