日本維新の会の岬麻紀衆院議員が、落選した2019年参院選の選挙公報に記載した「亜細亜大非常勤講師」の肩書が虚偽の疑いがあるとして、東京都の男性が6日までに、公選法違反の疑いで名古屋地検に告発状を提出した。岬氏側は「2015年度に1年間、講師を務めていた」と否定。