防衛省統合幕僚監部は8日、沖縄南方に展開中の中国海軍の空母「遼寧」で7日も、艦載の戦闘機やヘリコプターの発着艦があったと発表した。太平洋に入った遼寧での戦闘機の発着艦は3日以降、5日連続で確認されたことになる。海上自衛隊のヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」が監視。中国による空母の運用能力向上につながる動きだとみて警戒している。

 防衛省によると、7日は沖縄県・石垣島の南約150キロの付近で、午前9時ごろから午後7時ごろにかけて発着艦があった。この日はミサイル駆逐艦2隻、高速戦闘支援艦1隻とともに計4隻で航行した。