北海道・知床半島沖で観光船「KAZU 1(カズワン)」が沈没した事故で、専門業者「日本サルヴェージ」が25日、水深182mの海底に落下した船体を回収する準備を進めた。26日に再びつり上げ、作業船「海進」に載せる。事故では12人が行方不明で、第1管区海上保安本部(小樽)は洋上捜索を続けた。

 日本サルヴェージは25日午前8時40分ごろから無人潜水機を下ろし、最初のつり上げに使用したものより太いナイロン製の帯を船体に装着した。海保によると、ベルトは2本で、前部と後部に取り付け、26日午前、海進からワイヤで下ろした鋼鉄製の枠に接続して海面に向かってつり上げる。